さくらのVPSでCentOSからUbuntuに鞍替えまとめ

はてなブックマーク - さくらのVPSでCentOSからUbuntuに鞍替えまとめ

@macchaからリクエストがあったので、適当にまとめました。タイトルの通りです。

OS再インストールの準備

リモートコンソールの起動にJDK必須なので、作業するマシンにJDKが入ってなければいれとく。あとはTightVNCとか、必要ならどうぞ。あとバックアップ忘れずに。とりあえずwordpressだけ動いてる状態だったので

[sourcecode language=“text” padlinenumbers=“2”] $ mysqldump -uroot -p wp -Q -c –opt > dumpfile $ tar zcvf wordpress.tar.gz /var/www/wordpress $ tar zcvf ssh.tar.gz ~/.ssh


みたいな感じでバックアップ取って作業マシンにscpなりlftpなりで持ってきておく。必要なら/etc/my.cnfとか/etc/php.iniとか、ホームのドットファイル類も。

<h2>OS再インストール</h2>
VPSコントロールパネルにログインして、OS再インストール→カスタムOSインストール→ubuntu 10.04 amd64を選択→<a href="http://support.sakura.ad.jp/support/vps/menu_oscustom_ubuntu.shtml">カスタムOSインストールガイド : Ubuntu 10.04</a>の通り進める。10分くらいありゃ終わる。

<h2>SSHの設定</h2>
何はともあれrootのパスワードとSSHの設定をリモートコンソールからやる。scpなりで、バックアップファイルを転送しとくこと。

[sourcecode language="text" padlinenumbers="2"]
$ sudo passwd
$ tar zxf wordpress.tar.gz
$ tar zxf ssh.tar.gz
$ chmod 700 .ssh
$ chmod 600 .ssh/*
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
- Port 22
+ Port 適当なポート

- PermitRootLogin yes
+ PermitRootLogin no

- #PasswordAuthentication yes
+ PasswordAuthentication no

ポートは変えなくてもいいけどお好みで。ポート変えたら/etc/servicesのSSHのとこを合わせて変更するのも忘れずに。

[sourcecode language=“text” padlinenumbers=“2”] $ sudo sshd -t


でチェックして、エラーが出なければOKなので再起動

[sourcecode language="text" padlinenumbers="2"]
$ sudo service ssh restart

ここで、もう一個ターミナル開いて問題なく接続できることを必ず確認。以降は普通に端末からSSHでつないで作業

諸々設定

もうあとはお好みでどうぞなんだけど、最低やることだけ書いとく

[sourcecode language=“text” padlinenumbers=“2”] $ sudo apt-get update . . . $ sudo apt-get upgrade . . . $ sudo ufw status Status: inactive $ sudo ufw default deny Default incoming policy changed to ‘deny’ (be sure to update your rules accordingly) $ sudo ufw allow SSHのポート番号 Rules updated $ sudo ufw allow 80 Rules updated $ sudo ufw enable Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)? y Firewall is active and enabled on system startup $ sudo ufw status Status: active To Action From


SSHのポート番号 ALLOW Anywhere 80 ALLOW Anywhere $ sudo apt-get install denyhosts sysv-rc-conf build-essential zsh screen vim tmux curl wget git-core apache2 php5 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql #まぁこの辺は余計なのも入ってるのでお好きなように $ sudo a2enmod rewrite # rewrite有効に $ sudo vi /etc/apache2/sites-available/default #VirtualHostなりなんなり、お好きにどうぞ $ sudo service apache2 restart $ sudo sysv-rc-conf #自動起動したいやつを適当に選択 $ cp -a wordpress/* /var/www/wordpress #wordpressのバックアップ復元 $ mysql -uroot -p -e”create database wp” #とりあえずDBつくる $ sudo cp my.cnf.backup /etc/my.cnf $ sudo service mysql restart $ mysql -uroot -p wp < dumpfile #dumpファイルからデータ復元 ```

ここまでやればwordpressはもう普通に動いてるはず。あとはchshするなり、ドットファイル復元するなり、好きにすればいいかと。


comments powered by Disqus