新人研修でUNIXの講義をすることになったらしい

はてなブックマーク - 新人研修でUNIXの講義をすることになったらしい

さてどうしたものか。講義、なんていうと大層な感じがするが、所詮新人研修なんだがな。たいしたことを教えるつもりはないのだが、例年と同じ事をやるのもつまらない。例年はSun(しかも5.5…)にtelnetでログインするところから始まって、各種コマンドの使い方(passwd・man・ls・more・pwd・cd・mkdir・rmdirとか)、ユーザとグループ、パーミッション、vi基礎の基礎、Makefileという流れ。全員が初心者ならこれでいいんだろうが…入社前アンケートによると今回は学校でGentoo使ってた奴がいるぜ!!!でも家ではVineらしいので、なんかへたれ(俺の中ではVineは地位が低いのです…)だが。

とりあえず実機じゃなくて、VMwareを使わせようというところまでは決まってるんだが、具体的に何やるかは全く未定。最初にテストやって、レベル分けしようかな?とか考え中。細かく分けると面倒なので、超初級とそれ以外でいいかな…。超初級はまぁおおよそ例年通りの流れになりそうだが。MakefileはC使わない俺には微妙なんだが。Makefileの書き方覚えるくらいだったら、シェルスクリプト覚えた方が良い気がする。そして「なんでもワンライナーで書かないと負けた気がする病」に感染させるのだ。問題はそれ以外の人たちだが、どうすんべ。案はいくつかあるのだが。

  • apacheをわざと性能でない設定にして、それのトラブルシューティング→チューニング
  • 完全に0からOSセットアップとかカーネル再構築とか
  • SSHを使って暗号化・セキュリティ周りの話
  • strace絡めてシステムコール周りの話
  • Redhat・BSD・Solarisあたりを用意して、"rm -rf /"して違いをレポート
  • gdb・pdb・perl -dとか使ってデバッグ
  • 詰めvi

なんせ時間が2日しかないので大したことは出来ないな…”rm -rf /“が一番面白そうではあるが。それが仕事に役立つかどうかは疑問なんだよなw


comments powered by Disqus